デイクリップとは?| デイクリップ:オリジナルアイテム制作

30.png

結婚、出産、引っ越し、正月、入園・入学、卒園・卒業、成人、新築、開店、その他いろいろ。
ペーパーアイテムを中心に、うれしさやたのしさ、ありがとうやよろしくをつたえる、オリジナルのアイテムを制作しています。


わたしがデイクリップとしての仕事をスタートしたきっかけを、
以下に記させていただきました。

少々長いですが、お時間ありましたら、お読みいただければ幸いです。


結婚式で配布するプロフィールを制作するようになって、
14年目になります(2002年より)。

それまでは、注射器やカテーテルをつくる工場で、
生産機械を設計したり、組み立てたり、修理したりの日々。
7年弱、まったく畑違いの仕事をしておりました。

では、なぜ、この仕事をはじめたのか?

理由は、大きく3つあります。

まずは、その1年半ほど前に、
20人ほどが被害者となる、大きな交通事故に巻き込まれたこと。
幸い、1か月ほどの入院で済みましたが、
なにかやらなきゃ!、という焦りを、心にためるようになりました。

ふたつめは、出版社に勤めていた、妻との出会い。
出版やデザインの仕事が、じつに楽しそうに見えてですね、
現実を知らぬまま、ふらふら〜っと、
引き寄せられてしまいました。
というのは、仕事をやめた理由を聞かれたときに、
冗談交じりに使っていた答え。
本当のことをいえば、当時は仕事がつらくて、
逃げることばかり考えていたんです。
いま思えば、ただの力不足だったのですが、
当時は、それさえも解消することができませんでした。

どんな仕事も、その下流には、だれかの喜びや満足があります。
同じものづくりでも、仲間の多くが進んだ車や機械ではなく、
医療用具のメーカーを選んだのは、
「誰かの役に立っている」という実感をそちらの方が強く得られ、
仕事に対して前向きな力になってくれるのではないか、
そう考えたからです。
しかしながら前の職場では、
そのような実感を十分得ることができませんでした。
それは、下ばかりを向いていた自分自身に問題があったわけですが、
お客さまの喜びや満足をもっとダイレクトに感じられたら、
どんなにすばらしいだろう、
そんなことを考えたのが、3つめの理由です。
(いまは、どんな仕事でも、最終的に得られる喜びの量は同じになると考えています)

前後して、友人のウエディングパンフレットを制作させてもらう機会があり、
とても喜んでもらったんです。
このときの “うれしさ” が、3つの理由を満たす答えを与えてくれました。
なにかをやりたいという青くさい思いと、
わずかながらも自分たちにできること、
そしてお客さまの笑顔を間近で見ることができたらという願い、
それらが、ちょうど交わったところにあったのが、
この仕事だったのです。




と、さらっとまとめさせていただきましたが、
なにぶん右も左もわからない状態ではじめたわけで、
(だからはじめられた、とよくいわれます ^ ^ ;)
実際はあれやこれやがありました。

お客さまをはじめ、多くの出会いに助けられ、
不格好ながらも、こうして歩き続けることができております。

みなさま、本当〜〜〜に、ありがとうございます!
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。



                         デイクリップ
                           松浦伸之